動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸の原因(心因性のもの)

不安神経症

不安は誰にでもつきまとう感情の一つですが、はっきりとした原因が無いにも関わらず不安が起こったり、また原因がはっきりとしていても過剰に不安が増大したり、あるいはそういった不安状態がいつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症はこの病的な不安のことを言います。なお現在ではこの不安神経症と言う病名は正式な病名として使われることは無く、パニック障害か全般性不安障害に分かれています。

ここでは主に全般性不安障害について解説していきます。一般的に神経症の原因は心因性(心理的なもの)とされています。不安神経症の場合も精神的なショック、心配、悩み、ストレスなどの精神的原因が主たるものですが、過労、睡眠不足、かぜなどによる体調不良など身体的な要因で引き起こされることもあります。

全般性不安障害では日常生活上のさまざまなストレスをきっかけに、いつの間にか発症しているケースが普通です。また元々神経質で不安に思いがちな性格の人に発症しやすい傾向があります。男性に比べ女性の患者数は倍以上だと言われています。具体的な症状は慢性的に感じる不安、緊張、イライラ、集中力の散漫、過敏などの精神症状と首や肩のこり、頭痛、震え、動悸、筋肉の強張り、息苦しさ、めまい、頻尿、下痢、倦怠感、不眠など様々な身体症状を伴って発症します。

些細なことでも過度の不安や心配が付きまとい、先に挙げた身体症状を伴うようになりそれが慢性的に6ヶ月以上続いた場合全般性不安障害が疑われます。確定診断では問診に加え、不定愁訴を訴えるものの具体的な身体疾患を排除する目的で一般的な内科的検査を行います。治療方法は薬物療法と精神療法です。とは言うものの全般性不安障害ではパニック障害のように決まった処方はありません。

症状によって対処療法的な処方を行います。抗不安剤が良く用いられますが、プラセボ効果も期待できる症状の為、副作用の無い薬ですと患者さんに信じ込ませ、プラセボ(薬ではないカプセルや錠剤)を投与して改善することもあります。その上で症状に関連する日常生活の悩みやストレスについて医師からアドバイスを受ける精神療法が行われます。症状が進むとうつ病を合併することがあるのでその場合は抗うつ剤を処方します。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved